2017年 5月 の投稿一覧

初盆のお布施の相場について調べてみた

まず最初にお盆とはなんでしょう。

ウィキペディアでは以下のように説明されています。

お盆(おぼん)とは、夏に行われる日本の祖先の霊を祀る一連の行事。

日本古来の祖霊信仰と仏教が融合した行事である。

かつては太陰暦の7月15日を中心とした期間に行われた。

現在では太陽暦の8月15日を中心とした期間に行われることが多い。

※WikiPediaより

仏教の行事だと思っておりましたが、日本古来の神様の進行と仏教が融合した行事だったのですね。初めて知りました。

スポンサーリンク

初盆とは

お盆の意味がわかったところで初盆とはなんでしょう。同じくウィキペディアで調べてみます。

人が亡くなり49日法要が終わってから次に迎える最初のお盆を特に初盆(はつぼん、ういぼん)または新盆(しんぼん、にいぼん、あらぼん)と呼び、特に厚く供養する風習がある。

※WikiPediaより

まぁ読んでその通りなのですけれども人が亡くなって初めて迎えるお盆の事ですね。

いろいろと地方によって違う風習があるらしいのですが、大抵の場合は自宅にお寺さんを呼んで法要してもらうというところが多いのではないでしょうか。

お寺さんを呼んでお経を上げてもらうのですからお布施と言う名前の料金が発生します。

お布施というやつは基本的に値段が決まっていないようなので、実際どれくらいかかるのか少し調べてみました。

お寺さんに電話で聞いてみたら?

うちは浄土真宗の仏光寺派と言う宗派なのですけれども、その宗派のお寺さんに電話して初盆のお布施について金額を聞いてみました。

気の良さそうなお母さんが電話に出てくれたんですけれども、そのお母さん曰く「お気持ちですからいくらでもいいですよ」との事。

「それじゃぁ全然わからないので平均的にどれくらいですか?」と食い下がってみましたところ、「イヤ、ホントにいくらでも結構ですよ」て言われました。

電話では全然わかりませんでした。

知恵袋で調べてみた

ということでYahoo!知恵袋で初盆のお布施の相場について調べてみました。

地域によって全然違うという前書き付きで「普通のお盆は1万円が相場なので初盆は2万から3万円でしょう」という回答がありました。

また、「相場はあってないようなものです。」との回答もあり、その人は同じ地域の人に尋ねるべきですとの回答でした。

Yahoo!知恵袋では思ったような回答が得られませんでしたので、教えて!gooで調べてみました。

するとこのような回答が見つかりました。

>槽洞宗の檀家で初盆の供養志のお金の費用ってどの位かかりますか?

いわゆるお布施はお寺により様々です。

また、仏さまの位によっても違います。

なので何ともいえません。

今は、お寺のほうでお布施の金額をあらかじめ言ってくることが多いですが、言ってはくれないんですね?

ちなみに、私も曹洞宗(位は庵主)ですが、お布施25000円、膳部料1万円、塔婆料2000円です。

※教えて!gooより

私とは宗派が違うのでなんとも言えないですけれども、仏様の位によって違うというのは初耳でした。

なんとなくですけど、3万円ほど包めば良いんじゃないかなと言う感じでしょうか。

お布施の渡し方

お布施の相場とは直接関係ありませんが、調べていくうちにお布施の渡し方というのも知ることができましたのでここに合わせて書いておきます。

まず、お布施を直接畳や床に置くというのはあまりよくないことらしいです。

ですから風呂敷やお盆などに乗せてお寺さんにお渡しするというのが正しい渡し方のようです。

下において床をスライドしてお渡しするというのはあまり正しいやり方ではなく、お盆に乗せてそのまま手渡すやり方が良いようです。

金封は紅白にお布施と書くのが良いようです。

お渡しするのは法要前に「よろしくお願いします」と先にお布施をするのが本来のやり方のようです。

というのは、お布施と言うのはお経の対価ではなく、自分自身のためにお布施と言う修行するということのようです。

自分の修行なので、相場という考え方は無いみたいです。

初盆のお布施の相場の結論

相場はないが3万円で間違いないらしい。
スポンサーリンク

父の日のプレゼントは何がいい?ゴルフ好きの父親からの意見

6月の第3日曜日は父の日です。

私はゴルフ好きの父親ですが父親目線で貰ったら嬉しいプレゼントと言うのを考えてみました。

ゴルフの道具はたくさんあるのでゴルフやらない人から見るとどんなものをもらったら嬉しいのかというのが全然わからないと思います。

昔に戻った後からすると全然使わないものをいただいても、心の中では役に立たないなと思っても、父親の顔でニコニコしながらありがとうって言ってたりするので本当に嬉しがってると勘違いされるケースもあるのかと思います。

プレゼントを送られる方の立場からの意見を参考にして選んでみていただければ幸いです。

スポンサーリンク

プレゼント予算

せっかく父の日にプレゼントを贈るのだから、また、ゴルフにはすごいお金がかかるのだからとか考えて、何か高級なものをプレゼントしようと考えていませんか?

実はその考え方はとても危険です。

ゴルフはある意味趣味であるので、道具にもものすごくこだわりを持っているケースが多いです。

そしてそれは、高価な道具であればあるほどこだわりが強くなります。

例えばゴルフクラブであるドライバー。 1本6万円とか8万円とかそれくらい高価な道具になります。

こんな物をプレゼントとしてもらったときには、子どもへの感謝の気持ちと道具のこだわりがせめぎ合いとなり非常に辛い思いをすることとなります。

大抵の場合子供への感謝の気持ちを優先して、自分のこだわりを捨てることになってしまいます。この状態はプレゼントをいただいた上でとしてはとても辛い状態です。

ゴルファーの父親に対して高いプレゼントは不要です。これは遠慮して言ってるのではありません。前述のように本当にいただくと困ってしまうのです。

ゴルフの消耗品

ゴルフでは、消耗品がたくさんあります。

例えばボール、ティーショットのティー、手袋などです。

ボールは3個で1,000円ぐらい、手袋は1,500円ぐらい、ティーは数百円で買える消耗品です。

比較的プレゼントとしては低予算なのですが、ボールに関してはこだわる人はものすごくこだわるので、あまり父の日のプレゼントとしては向かないかもしれません。

ただボール自体は比較的すぐなくなる消耗品でもあるので、3つぐらいであればすぐなくなってしまうのでプレゼントしてももらった方としてはそれほどダメージが大きくはないと思います。

手袋ですが、ゴルフをやらない人はわからないと思うのですが、手の大きさによってサイズが異なります。これは実際に父親に聞いてみなきゃわからないサイズですので、サプライズとしてプレゼントする場合には向かないものになるかと思います。

ティーショットのティーは数百円のものですので、こちらはプレゼントとして何の問題もないと思います。

ゴルフウェア

私個人としては、ゴルファーの父親への父の日のプレゼントとしては、ゴルフウェアが1番いいのではないかと思います。

あくまで私個人の話ですが、ゴルフウェアは自分の体型が思いっきり変わった時か、ウェアが古くなりボロボロになって使えなくなったときくらいにしか購入しません。

正直ゴルフウェアなんて着られればいいにしか思っていません。

ですからプレゼントとしてゴルフウェアをいただけると、素直に嬉しいとも感じられると思います。

ゴルフウェアにもいろいろ種類があります。

まぁ普通の洋服と同じですが、上着・ズボン・靴・靴下が代表的なものになるかと思います。

このうち靴については非常にこだわりが強いので、父親への父の日のプレゼントとしては避けた方が無難かと思います。

ズボンは足の長さとウエストのサイズをきちんと分かってなければプレゼントにできませんので、こちらも難しいのではないかと思います。

上着についてはプレゼントとしてはとても良いと思います。特に父の日の季節は半袖のポロシャツなんかはオススメになるかと思います。ポロシャツでしたら特にゴルフウェアというくくりではなく、一般のブランドの製品であっても問題は無いのではないでしょうか。

靴下は私個人にとって1番のおすすめです。特に足の指が分かれた5本指の靴下。これはおすすめです。

まだ使っている人は多くありませんが、非常に使い勝手が良いです。

まだ持っていない人には、使ってみるともの凄くいいので喜んでもらえると思います。また、すでに1足持っていたとしても、5本指靴下の使い勝手の良さがわかっているので、素直に2足目を喜んでもらえます。

ゴルファーへの父の日プレゼント結論

5本指ソックス一押し。

次はポロシャツ。

スポンサーリンク

豪華寝台列車四季島のルートに関する考察

寝台列車の四季島ってご存じですか?

一部の鉄道マニアの間では知ってて当然でしょうが、一般の方には馴染みが薄いかもしれません。

Wikipediaから引用しましょう。

TRAIN SUITE 四季島(トランスイート しきしま)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が2017年5月1日から運行を開始した周遊型臨時寝台列車(クルーズトレイン)である。

要するに寝台車な訳ですが、旧来の寝台車は移動のためという意味合いが強いものでしたが、この四季島は、「周遊」つまり列車での移動も含めて旅をしながら遊ぼうってことらしいです。

ちなみにお値段の方は、3泊4日でお一人様50万円から105万円。1泊2日でお一人様45万円から65万円。

サラリーマンにとっては安からぬ金額ですね。

行き先を見てどれだけお得感があるのか考えてみましょう。

スポンサーリンク

四季島の運転区間

3泊4日の四季島の運転区間はこんな感じです。

2017年の5月6月のコースで今後はそれぞれの時期に合った旅行が提供されるとのことですが、大きくはJR東日本管内からJR北海道管内にかけてと言う流れは変わらない気がします。

  • 1日目:上野駅→日光駅→(車内で夕食、車内泊)
  • 2日目(1):→函館駅→伊達紋別駅→登別駅(登別に宿泊)
    または
  • 2日目(2):→函館駅→伊達紋別駅(ニセコに宿泊)
  • 3日目(1):→東室蘭駅→洞爺駅→新函館北斗駅→・・・
    (青森駅または新青森駅→五所川原駅のどちらかを選択)
    ・・・→弘前駅→(車内泊)
    または
  • 3日目(2):→洞爺駅→新函館北斗駅→・・・
    (青森駅または新青森駅→五所川原駅のどちらかを選択)
    ・・・→弘前駅→(車内泊)
  • 4日目:→鶴岡駅→あつみ温泉駅(鶴岡、あつみ温泉のいずれかの駅で下車観光)→(車内で朝食)→新津駅(下車して燕を観光し、東三条駅で再乗車)→東三条駅→上野駅

日光

私個人的には冬の日光でクロスカントリースキー大会のお手伝いをしたことがあるので、日光と言えばその思い出になってしまいますが、普通に日光と言えば世界遺産の日光東照宮ですね。

四季島での旅行ツアーでも日光東照宮に行き、旅の安全を祈願するそうです。

あとは日光江戸村とか東武ワールドスクエアなんかもあるのですが、四季島での旅行ツアーをご利用になるユーザ層にはマッチしないと思われます。

函館

日光駅を17時くらいに出発し、列車内食事と宿泊をして、朝の6時くらいに函館に着くそうです。

函館で朝食を取ったあと有名な朝市の自由見学をして昼には函館駅を出発する工程だそうです。

函館なら五稜郭とかトラピスチヌ修道院とか著名な観光スポットが有りますが、四季島ユーザならば、そんなメジャースポットに連れて行っても満足させられないって判断なのでしょうか。

私なら少し歳を取ってからのメジャースポットも悪くない選択だと思います。歳を取ったからこそ感じる何かがあるかもしれない。

宿泊場所

前日の宿泊は車中泊でしたが、ここでは旅館に泊まることになります。

宿泊場所は2カ所から選べるようになっていて、登別温泉と花園温泉・昆布温泉のどちらかになります。

登別はどちらかと言えば海側、花園・昆布は山側になるかと思います。

ここでおいしい食事を食べてのんびり温泉に浸かって旅の疲れを癒やすということですね。

悪くない。むしろ良い。

でもせっかく登別まで行くんだったら、登別のクマ牧場に行ってヒグマさんを拝見したいな。

翌日は午前中の遅めの時間に出発です。

青森

旅は3日目になります。

青森では、2つのコースが用意されています。

ひとつ目が青森駅から、三内丸山遺跡に行って青森県立美術館に行くコース。

もうひとつが新青森から五所川原に行って立佞武多の館を見学するコースです。

三内丸山(さんないまるやま)遺跡は日本最大級の縄文集落跡です。

立佞武多の館は「青森のねぶた」と「弘前ねぷた」と並ぶ青森三大佞武多の一つである五所川原立佞武多(ごしょがわらたちねぷた)祭りで使われる、大きなねぶたが見れるそうです。

どちらも渋い。私個人的には五所川原のねぶたが見たいです。

青森駅ルートは青森県立美術館内で夕食、五所川原ルートは社内夕食らしいです。

鶴岡・あつみ温泉

最終日は山形県からはじまります。

3つのコースから選択が可能なようです。

まずは鶴岡の加茂水族館。別名クラゲ館といわれるほどクラゲで有名です。

2つめはあさみ温泉での朝風呂。

3つめは麻美温泉での日本3代古代織りのしな織の見学。

個人的には加茂水族館には行ったことがないので行きたいです。

新津・東三条

四季島での旅行の最終立ち寄り地は、新潟県の燕。

燕の玉川堂(ぎょくせんどうと読むらしい)ってところで銅器を作るところが見れるらしいです。

個人的には、見学よりも三条ものづくり学校のようなところでもの作りの体験をしたいなって思います。

豪華寝台列車四季島纏め

豪華寝台列車四季島のツアー内容を一つ一つ見ました。

食事の内容にはほぼほぼ触れませんでしたが、それでも魅力的なツアーではないでしょうか?

でも、どちらかというと、サラリーマン生活をリタイアした後でになっちゃう感じですね。

本日時点で65歳の定年まで14年もありますが、定年後はこの旅行に行けることを夢見て働きます。

スポンサーリンク

メーデーは国民の休日じゃない

スポンサーリンク

今日5月1日はメーデーです。

最初にメーデーとはなんでしょう?

メーデーとは労働者の権利要求のための統一行動日のことです。

世界各地で毎年5月1日に行われるます。

メーデーは国際連合などの国際機関によって定められた国際デーとなっています。

現在では世界の少なくとも80以上の国でメーデーを祝日としています。

日本には勤労感謝の日という祝日があってそれと労働者の日であるメーデーが趣旨が被るのでなかなかお休みにしづらいということもあって祝日国民の祝日とはなっていないようです。

ただゴールデンウィークの真ん中ぐらいの日であるということもあり昔から5月1日を祝日にするしようという動きはあるようです。

労働者の日であるので労働界からも祝日にするよう強い要望をがあるようなのですが勤労感謝の日との兼ね合いでなかなか祝日にできないようでいるようです。

大企業では独自に5月1日や5月2日を休みにするところがあり、大企業ではゴールデンウィークが大型連休になりやすいことの原因の1つともなっています。

日本のメーデーはテレビ報道でみると大規模なデモが行われて憲法改正反対とか核兵器廃絶みたいな大きいオチのテーマでデモをやっています。

私は個人的に思うのは、労働者のためのメーデーなのだから、労働者に直結した問題である、長時間労働とか残業代の未払いなどの身近な労働問題を取り上げてデモをやればいいのになぁと思います。

賃上げや雇用拡大などといった具体的な労働者の権利に対するデモでもいいかなと考えたりします。

フランスでは5月1日はスズランの日だそうです。

日頃お世話なってる人や愛する恋人や家族にスズランを送るという素晴らしい習慣で、そしてその送られた人は幸せになれると言われています。

メーデーなんかよりよっぽどいい習慣ですね。

スポンサーリンク