今日は慶應義塾大学の入試試験でした。

受験したのは私では無く私の息子です。

田町にある慶應の三田キャンパスでの受験だったようで、息子は三田キャンパスに行くのも田町で降りることさえはじめてだったようです。(事前に下見しとけば良いのに・・・)

私は普段通りに出勤したので、息子よりも早い時間に家を出て、普通に仕事をしていたので息子よりも遅い時間に帰宅しましたので、私にとっては普段通りの日常と変わりませんでした。

スポンサーリンク


私の大学受験

私が大学受験した頃はセンター試験がまだ共通一次テストと言われた頃でした。

私は北海道生まれ北海道育ちですが、当時は北海道大学で共通一次試験を受けた記憶があります。

しかも共通一次試験の最後の年だったと記憶しています。

息子が受けたセンター試験は今年が最後で、来年からは新しい制度になるらしいですね。

奇妙な運命のようなものを感じます。

ちなみに北海道と行っても札幌でしたので、当時は大学といえば北海道大学しか知りませんでした。

今は首都圏内に住んでいるので、大学はたくさんたくさんありますね。

慶応大学の入試解答速報

最近は解答速報ってWeb上でたくさんあるのですね。

検索してみると主に予備校が競って掲載しているのですね。

大学入試の解答を速報することって何か意味があるのでしょうか?

受験した生徒が解答速報と自分の答案を見比べて、『当たった』『はずれた』と一喜一憂するだけでは無いでしょうか?

それは何個当たったから合格を約束されるわけでは無く、何個はずれたからって絶対に不合格って訳でもない。

一喜一憂するだけ時間の無駄では無いですか?

一喜一憂するヒマがあったら、次のテストに向けて頑張ろう!

スポンサーリンク