ほろよいIT研究所

ほろよいIT研究所

システムエンジニアとして個人事業主はじめました

父の日のプレゼントは何がいい?ゴルフ好きの父親からの意見

読了までの目安時間:約 6分

6月の第3日曜日は父の日です。

私はゴルフ好きの父親ですが父親目線で貰ったら嬉しいプレゼントと言うのを考えてみました。

ゴルフの道具はたくさんあるのでゴルフやらない人から見るとどんなものをもらったら嬉しいのかというのが全然わからないと思います。

昔に戻った後からすると全然使わないものをいただいても、心の中では役に立たないなと思っても、父親の顔でニコニコしながらありがとうって言ってたりするので本当に嬉しがってると勘違いされるケースもあるのかと思います。

プレゼントを送られる方の立場からの意見を参考にして選んでみていただければ幸いです。

スポンサーリンク

プレゼント予算

せっかく父の日にプレゼントを贈るのだから、また、ゴルフにはすごいお金がかかるのだからとか考えて、何か高級なものをプレゼントしようと考えていませんか?

実はその考え方はとても危険です。

ゴルフはある意味趣味であるので、道具にもものすごくこだわりを持っているケースが多いです。

そしてそれは、高価な道具であればあるほどこだわりが強くなります。

例えばゴルフクラブであるドライバー。 1本6万円とか8万円とかそれくらい高価な道具になります。

こんな物をプレゼントとしてもらったときには、子どもへの感謝の気持ちと道具のこだわりがせめぎ合いとなり非常に辛い思いをすることとなります。

大抵の場合子供への感謝の気持ちを優先して、自分のこだわりを捨てることになってしまいます。この状態はプレゼントをいただいた上でとしてはとても辛い状態です。

ゴルファーの父親に対して高いプレゼントは不要です。これは遠慮して言ってるのではありません。前述のように本当にいただくと困ってしまうのです。

ゴルフの消耗品

ゴルフでは、消耗品がたくさんあります。

例えばボール、ティーショットのティー、手袋などです。

ボールは3個で1,000円ぐらい、手袋は1,500円ぐらい、ティーは数百円で買える消耗品です。

比較的プレゼントとしては低予算なのですが、ボールに関してはこだわる人はものすごくこだわるので、あまり父の日のプレゼントとしては向かないかもしれません。

ただボール自体は比較的すぐなくなる消耗品でもあるので、3つぐらいであればすぐなくなってしまうのでプレゼントしてももらった方としてはそれほどダメージが大きくはないと思います。

手袋ですが、ゴルフをやらない人はわからないと思うのですが、手の大きさによってサイズが異なります。これは実際に父親に聞いてみなきゃわからないサイズですので、サプライズとしてプレゼントする場合には向かないものになるかと思います。

ティーショットのティーは数百円のものですので、こちらはプレゼントとして何の問題もないと思います。

ゴルフウェア

私個人としては、ゴルファーの父親への父の日のプレゼントとしては、ゴルフウェアが1番いいのではないかと思います。

あくまで私個人の話ですが、ゴルフウェアは自分の体型が思いっきり変わった時か、ウェアが古くなりボロボロになって使えなくなったときくらいにしか購入しません。

正直ゴルフウェアなんて着られればいいにしか思っていません。

ですからプレゼントとしてゴルフウェアをいただけると、素直に嬉しいとも感じられると思います。

ゴルフウェアにもいろいろ種類があります。

まぁ普通の洋服と同じですが、上着・ズボン・靴・靴下が代表的なものになるかと思います。

このうち靴については非常にこだわりが強いので、父親への父の日のプレゼントとしては避けた方が無難かと思います。

ズボンは足の長さとウエストのサイズをきちんと分かってなければプレゼントにできませんので、こちらも難しいのではないかと思います。

上着についてはプレゼントとしてはとても良いと思います。特に父の日の季節は半袖のポロシャツなんかはオススメになるかと思います。ポロシャツでしたら特にゴルフウェアというくくりではなく、一般のブランドの製品であっても問題は無いのではないでしょうか。

靴下は私個人にとって1番のおすすめです。特に足の指が分かれた5本指の靴下。これはおすすめです。

まだ使っている人は多くありませんが、非常に使い勝手が良いです。

まだ持っていない人には、使ってみるともの凄くいいので喜んでもらえると思います。また、すでに1足持っていたとしても、5本指靴下の使い勝手の良さがわかっているので、素直に2足目を喜んでもらえます。

ゴルファーへの父の日プレゼント結論

5本指ソックス一押し。

次はポロシャツ。

スポンサーリンク

豪華寝台列車四季島のルートに関する考察

読了までの目安時間:約 7分

寝台列車の四季島ってご存じですか?

一部の鉄道マニアの間では知ってて当然でしょうが、一般の方には馴染みが薄いかもしれません。

Wikipediaから引用しましょう。

TRAIN SUITE 四季島(トランスイート しきしま)は、東日本旅客鉄道(JR東日本)が2017年5月1日から運行を開始した周遊型臨時寝台列車(クルーズトレイン)である。

要するに寝台車な訳ですが、旧来の寝台車は移動のためという意味合いが強いものでしたが、この四季島は、「周遊」つまり列車での移動も含めて旅をしながら遊ぼうってことらしいです。

ちなみにお値段の方は、3泊4日でお一人様50万円から105万円。1泊2日でお一人様45万円から65万円。

サラリーマンにとっては安からぬ金額ですね。

行き先を見てどれだけお得感があるのか考えてみましょう。

豪華寝台列車四季島のルートに関する考察の続きを読む »»

メーデーは国民の休日じゃない

読了までの目安時間:約 2分
スポンサーリンク

今日5月1日はメーデーです。

最初にメーデーとはなんでしょう?

メーデーとは労働者の権利要求のための統一行動日のことです。

世界各地で毎年5月1日に行われるます。

メーデーは国際連合などの国際機関によって定められた国際デーとなっています。

現在では世界の少なくとも80以上の国でメーデーを祝日としています。

日本には勤労感謝の日という祝日があってそれと労働者の日であるメーデーが趣旨が被るのでなかなかお休みにしづらいということもあって祝日国民の祝日とはなっていないようです。

ただゴールデンウィークの真ん中ぐらいの日であるということもあり昔から5月1日を祝日にするしようという動きはあるようです。

労働者の日であるので労働界からも祝日にするよう強い要望をがあるようなのですが勤労感謝の日との兼ね合いでなかなか祝日にできないようでいるようです。

大企業では独自に5月1日や5月2日を休みにするところがあり、大企業ではゴールデンウィークが大型連休になりやすいことの原因の1つともなっています。

日本のメーデーはテレビ報道でみると大規模なデモが行われて憲法改正反対とか核兵器廃絶みたいな大きいオチのテーマでデモをやっています。

私は個人的に思うのは、労働者のためのメーデーなのだから、労働者に直結した問題である、長時間労働とか残業代の未払いなどの身近な労働問題を取り上げてデモをやればいいのになぁと思います。

賃上げや雇用拡大などといった具体的な労働者の権利に対するデモでもいいかなと考えたりします。

フランスでは5月1日はスズランの日だそうです。

日頃お世話なってる人や愛する恋人や家族にスズランを送るという素晴らしい習慣で、そしてその送られた人は幸せになれると言われています。

メーデーなんかよりよっぽどいい習慣ですね。

スポンサーリンク

ビジネス書ベストセラー(2017年1月28日)

読了までの目安時間:約 4分

私は、週刊ダイヤモンド誌を定期購読しています。

Kindleを使ってレバレッジリーディングを実践していますので、週刊ダイヤモンド誌のビジネス書ベストセラーを参考に本を選んでいます。

詳細はこちら。

Amazon Kindleでのレバレッジリーディングのすすめ

ビジネス書ベストセラーのコーナーはたいていBook Reviewsの目利きのお気に入りのページにあります。

今週の目利きのお気に入りに、全700ページの「負債論」が紹介されていました。

700ページというのはかなり膨大な量です。私が所有している本で、ページ数が多い本の1冊である、スティーブン・R・コビー著 7つの習慣で481ページです。7つの習慣を見たことがある方にはどれくらい膨大か分かるかと思います。

私が所有している7つの習慣は1996年の古い本です。2013年の新版は、Kindle化されているので、今読むのなら新版をKindleでですね。

この「負債論」はBook Reviewでは経済システムの基本を考えさせてくれる名著として紹介されています。しかし、残念ながら、まだKindle化されていません。私はまだ読んだことがありませんので、Kindle化されたらチャレンジしたいと思います。もちろん、Kindle化リクエストはしておきました。

2017年1月28日号の週刊ダイヤモンド誌によるビジネス書ベストセラーです。

先週のベストセラーに無かったのは、「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」と「図解 頭のいい説明「すぐできる」コツ: 今日、結果が出る!」と「自分を操る超集中力」でした。

「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」は何度もベストセラーにランキングされています。私もKindle版で読みましたが、すっかり影響を受けてしまい、出張先で時間の空きが出来ると、近くの神社を探してお詣りするようになりました。

今週号では1位の「始めてのための人のための3000円」と7位の「図解 頭のいい説明「すぐできる」コツ: 今日、結果が出る!」にKindle版がありませんでした。頭のいい説明「すぐできる」コツは2008年発売の同著者同タイトルの文庫本が有り、Kindle化されています。

赤坂の日枝神社に行ってきました。

読了までの目安時間:約 2分

今日出張で久しぶりに赤坂に行ってきました。

2006年くらいに赤坂で働いていたことがあるので比較的土地勘はあります。赤坂と言っても溜池山王駅を利用していましたが。。

最近、「成功している人は、なぜ神社に行くのか?」という本を読みました。

私はすぐに影響を受けてしまう性質なので、神社があるとお参りしたくなってきます。

赤坂と言えば、永田町の要人も訪れるという「日枝神社」

すぐにその名を思い出してお参りに行ってきました。

日枝神社の入り口を赤坂見附側から見るとこんな感じです。都会の真ん中にあるって言う表現がピッタリです。

この鳥居は「山王鳥居」といいます。鳥居をくぐり赤坂見附側から見て、左側が稲荷参道、右が西参道。

今日は左側の稲荷参道からお参りしました。

稲荷参道側からお参りを始めるとすぐに、京都伏見稲荷大社のような千本鳥居があります。

月曜日だからでしょうか?かなり人が少ないです。

稲荷参道を上がるとお稲荷様が祀られている山王稲荷神社と、猿田彦神が祀られている猿田彦神社があります。

今日は特に「さきわけたまえ」とお祈りしたかったので、導きの神である「猿田彦神」に特に念入りにお参りしました。

(アップにしすぎて切れちゃいました。)

全国の猿田彦神を祀る神社の総本山は、三重県鈴鹿市の椿大神社です。

青森県の高山稲荷神社や岩手県の志和稲荷神社、京都の伏見稲荷大社にも猿田彦神がお祀りされているそうです。

スポンサーリンク
最近の投稿
カテゴリー
アーカイブ
メタ情報